News

クラウドインテグレーションサービスを提供する プライム・ストラテジーと『WafCharm』の販売代理店契約を締結

株式会社サイバーセキュリティクラウド(本社:東京都品川区、代表取締役社長 兼 CEO:小池 敏弘、以下「当社」)は、クラウドインテグレーションサービスを提供するプライム・ストラテジー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:中村けん牛、以下「プライム・ストラテジー社」)とパブリッククラウドのWAF自動運用サービス『WafCharm(ワフチャーム)』の販売代理店契約を締結したことをお知らせいたします。

■ 背景
昨今、情報セキュリティ人材不足が顕在化し、経済産業省によると2020年以降には、19.3万人不足していると言われております。また近年サイバー攻撃もAIによって複雑化しており、こうした攻撃に対する対応も非常に難しくなっています。※1
当社が提供するパブリッククラウドのWAF自動運用サービス『WafCharm』は、世界シェア65%以上のクラウドプラットフォームにてサービスを提供しており、 WAFを“AI”と“ビッグデータ”とによって自動運用することが可能なサービスとなっております。『WafCharm』を活用いただくことで、企業は情報セキュリティ人材を増やすことなく、少人数でWebアプリケーションのセキュリティ対策ができ、一層ビジネスへとリソースを集中させることが可能になります。

■ プライム・ストラテジー社との販売代理店契約締結について
プライム・ストラテジー社は、AIとリモート制御による高度に自動化した『KUSANAGI』の一元管理システムである『KUSANAGI Cloud』を基盤としてCMSを統合管理する「CMSプラットフォーム統合サービス」を展開しています。
今回の販売代理店契約の締結によって、プライム・ストラテジー社はWAFを始めとしたWebセキュリティ対策ソリューションを拡充することで更に顧客への多角的な提案が可能になり、当社においてはWordPressを始めとするCMSを活用する企業に対して、Webセキュリティサービスの展開を強化することが可能になります。

【「WafCharm(ワフチャーム)」について】
『WafCharm』サービスサイト:https://www.wafcharm.com/

『WafCharm(ワフチャーム)』は導入ユーザ数で国内No.1※2の、パブリッククラウドで提供されているWAFを“AI”と“ビッグデータ”とによって自動運用することが可能なサービスです。AWS、Microsoft Azure、Google Cloudの3大プラットフォーム※3に提供しております。
機械学習を用いて最適なWAFルールを自動運用するAIエンジン“WRAO(ラオ)※4(特許番号:特許第6375047号)”を搭載しており、累計導入サイト数・導入社数国内No.1※5の実績を持つクラウド型WAF『攻撃遮断くん』で培った累計:2.3兆件以上のビッグデータを活用し、お客様毎に最適なルールを自動で適用します。サイバー脅威インテリジェンスチーム“Cyhorus(サイホルス)”により最新の脅威にもいち早く対応します。また、国内有数のシグネチャカスタマイズのノウハウを基にしたテクニカルサポート※6も合わせて提供しています。

【株式会社サイバーセキュリティクラウドについて】
会社名:株式会社サイバーセキュリティクラウド
所在地:〒141-0021 東京都品川区上大崎3-1-1 JR東急目黒ビル13階
代表者:代表取締役社長 兼 CEO 小池敏弘
設立:2010年8月
URL:https://www.cscloud.co.jp/
※1 出典:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」(平成28年6月)及びみずほ情報総研「ITベンチャー等によるイノベーション促進のための人材育成・確保モデル
※2 日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2020年7月期_実績調査
※3 出典:Canalys "Canalys Newsroom- Global cloud services spend hits record US$49.4 billion in Q3 2021"
※4 AWS WAF classicのみに対応
※5 日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2021年10月期_実績調査
※6 一部プランのみ対象となります