News

ユーザー数4,000を超える人事労務関連ソフトウェアの開発・販売・サポートを 提供するセルズが「WafCharm」を導入

株式会社サイバーセキュリティクラウド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:小池 敏弘、以下「当社」)は、株式会社Cells(セルズ)(本社:愛知県小牧市、代表取締役:加藤雅也、以下「セルズ社」)にて当社が提供するAWS WAF/Azure WAFのルール自動運用サービス「WafCharm(ワフチャーム)」が導入されたことをお知らせいたします。

■導入背景
「Microsoft Azure」は巨大パブリッククラウドサービスの1つで、マイクロソフト社が提供し世界中で利用されているクラウドコンピューティングサービスです。また「Azure WAF」は、「Azure」ユーザ向けに提供されているWebアプリケーションファイアウォール (WAF) サービスで、様々なWebサイトをサイバー攻撃から保護することが可能です。

一方でパブリッククラウドで提供されるWAFは、Webアプリケーションの特性に合わせてカスタマイズすることが可能ですが、最適なルール作成やチューニングに関しては各自で行わなければならないため、専門的な知識を持つ担当者が必要です。

これに対し当社が提供するAWS WAF /Azure WAFの自動運用サービス「WafCharm」は、機械学習を用いて最適なWAFルールを自動運用するAIエンジンと、累計2.3兆件以上のビックデータを活用することで、お客様毎に最適なルールを自動で適用することが可能です。

今回、人事労務関連ソフトウェアの開発・販売・サポートを提供するセルズ社にておいて、当社の「WafCharm」を導入いただきました。セルズ社が注力している人事労務統合管理システム「台帳」では、4,000超のユーザーにサービスを提供しています。
今回の導入を通じて、セルズ社では、サイバーセキュリティ対策にリソースを集中させることなく「Azure」環境下におけるサイバーセキュリティを強化することが可能になります。

当社では、今後もさらに多くの企業におけるサイバーセキュリティリスク軽減に向けサービス展開を強化してまいります。

■株式会社セルズ 代表取締役 加藤雅也氏のコメント
ここ数年、弊社クラウドサービスやe-Govの電子申請利用率が増加し、サービスのサイバーセキュリティの強化の必要性を強く感じていました。そのためAzure WAFの導入を検討していましたが、自社だけで運用することが大きな課題でした。WafCharmは、Azure WAF上で稼働し、自動的に最適なルールが設定されます。現サービスの運用スケジュールを大きく変更することなく、サイバーセキュリティ対策を強化できるため、最適解だと判断し、導入を決定いたしました。
また、導入時の設定のフォローも丁寧に行っていただけたので、導入もスムーズに行うことができました。今後リリース予定の新サービスもWafCharmを利用し、サイバーセキュリティを強化していきます。

【「WafCharm(ワフチャーム)」について】
https://www.wafcharm.com/

「WafCharm」は導入ユーザ数で国内1位※1の、パブリッククラウドで提供されている WAFを“AI”と“ビックデータ”によって自動運用することが可能なサービスで、クラウドサービス市場において大きなシェアを有するAWSとMicrosoft Azureにて提供しております。機械学習を用いて最適なWAFルールを自動運用するAIエンジン「WRAO(ラオ)※2」(特許番号:特許第6375047号)を搭載しており、累計導入サイト数・導入社数国内1位※3の実績を持つクラウド型WAF「攻撃遮断くん」で培った累計2.1兆件以上のビックデータを活用し、お客様毎に最適なルールを自動で適用します。サイバー脅威情報監視チーム「Cyhorus」により最新の脅威にもいち早く対応します。また、国内有数のシグネチャカスタマイズのノウハウを元にしたテクニカルサポート※4も合わせて提供しています。

【株式会社Cells(セルズ)について】
会社名:株式会社Cells(セルズ)
所在地:〒485-0014 愛知県小牧市安田町190
代表者:代表取締役 加藤雅也
設立 :平成10年
URL :https://www.cells.co.jp/

【株式会社サイバーセキュリティクラウドについて】
会社名:株式会社サイバーセキュリティクラウド
所在地:〒150-0011 東京都渋谷区東3-9-19 VORT恵比寿maxim3階
代表者:代表取締役社長 兼 CEO 小池 敏弘
設立 :2010年8月
URL :https://www.cscloud.co.jp/

※1 日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2020年7月期_実績調査
※2 AWS WAF classicのみに対応
※3 出典:「クラウド型WAFサービス」に関する市場調査(2019年6月16日現在)<ESP総研 調べ>(2019年5月〜2019年6月 調査)
※4 一部プランのみ対象となります

WafCharm
もっと詳しく知りたい方は、こちらから資料をダウンロード

資料ダウンロード