News

サイバーセキュリティクラウド、マイクロソフト パートナーネットワーク 「Silverコンピテンシー」を取得

株式会社サイバーセキュリティクラウド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:小池敏弘、以下「当社」)は、マイクロソフト パートナーネットワーク「Silverコンピテンシー」を取得したことをお知らせいたします。

■「Silverコンピテンシー」の取得による信頼性の向上
「Silverコンピテンシー」は、マイクロソフト製品を利用するユーザーに対して、質の高いソリューションを提供する実績が認定されたパートナーに与えられる認定プログラムです。
この度、当社が提供するWAFの自動運用サービス「WafCharm(ワフチャーム) Azure版」の導入実績の増加などが認められ、「Silverコンピテンシー」を取得いたしました。
「Silverコンピテンシー」を有するパートナーとして認定されたことにより、当社への信頼性がさらに向上するものと考えております。
今後は実績を証明されたパートナーとして、さらに多くの企業におけるセキュリティ対策をサポートしてまいります。

(参考)「Silverコンピテンシー」の詳細は以下URLをご参照ください。
URL:https://partner.microsoft.com/ja-jp/membership/competencies

■パブリッククラウドが提供するWAFの自動運用を可能にする「WafCharm」とは
  当社が展開している「WafCharm」は、Microsoft AzureやAmazon Web Servicesなどパブリッククラウドが提供するセキュリティツールであるWAF(Web Application Firewall)を、自動で運用することが可能なサービスで、導入ユーザ数で国内1位※1の実績を有しています。一般的にWAFは、導入後のチューニングや設定変更などが継続的に必要となっており、多くの企業ではそれらを担うセキュリティエンジニアが不足している中で、当社が提供する「WafCharm」は、機械学習を用いて最適なWAFルールを自動運用するAIエンジンを搭載しているため、社内に専任担当者を必要とすることなくWAFの運用を円滑に行うことができます。

■Microsoft が展開するAzure WAFの自動運用に特化した「WafCharm Azure版」
「Azure」は、マイクロソフト社が提供する世界中で利用されているクラウドコンピューティングサービスで、現在も急成長を続けています。また、「Azure WAF」は、「Azure」ユーザー向けに提供されているWAF(Web Application Firewall)サービスです。
当社が提供する「WafCharm Azure版」は、お客様が導入したAzure WAFの最適なルール作成や設定を自動で行うことで強力な防御を実現します。さらに、導入後に日々発生する新規の脆弱性対応や誤検知対応など、継続的なセキュリティ運用をおこなうことが可能となります。
さらに、日本語による柔軟なサポート体制も構築しているため、いつまでも安心してご活用いただけます。

※1 日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2020年7月期_実績調査

【株式会社サイバーセキュリティクラウドについて】
会社名:株式会社サイバーセキュリティクラウド
所在地:〒150-0011 東京都渋谷区東3-9-19 VORT恵比寿maxim3階
代表者:代表取締役社長 兼 CEO 小池 敏弘
設立 :2010年8月
URL :https://www.cscloud.co.jp/

WafCharm
もっと詳しく知りたい方は、こちらから資料をダウンロード

資料ダウンロード