NEWS

サイバーセキュリティクラウド、 AWS WAF自動運用サービス「WafCharm(ワフチャーム)」が AWS WAF のアップデートに対応

株式会社サイバーセキュリティクラウド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大野 暉、以下「サイバーセキュリティクラウド」)は、AWS WAF自動運用サービス「WafCharm(ワフチャーム)」において、2019年11月25日にAWS より発表された AWS WAF のアップデートへの対応を行いました。これにより、AWS 環境における Web アプリケーションの防御を一層強固にすることが可能で、より高度な Webアプリケーションのセキュリティ対策を提供できるようになりました。

■ AWS WAF について
アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)が提供するAWS WAF は、Webアプリケーションを、“アプリケーションの可用性”、“セキュリティの侵害”、“リソースの過剰な消費”などに影響を与えかねない一般的なWebの弱点から保護するWebアプリケーションファイアウォールです。カスタマイズ可能なWebセキュリティルールを指定することによって、どのトラフィックをWebアプリケーションに許可、またはブロックするかを制御することができます。

 そして、2019年11月25日にAWS WAFは大幅なアップデート※1が行われました(以下、new AWS WAF)。これによってWAFキャパシティユニット(以下、WCU)が導入され、ルールの使用が10個までという制限が解除となり、より多くのルールを投入できるようになりました。その他にも、or演算子の導入によって、様々な検知パターンのルール作成が容易になり、お客様によって利用しやすいWAFへとアップデートされました。

■ 「WafCharm」のnew AWS WAF への対応について
 そしてこの度、サイバーセキュリティクラウドが展開するAIによるAWS WAFのルール自動運用サービス「WafCharm」のnew AWS WAF対応が完了いたしました。

 サイバーセキュリティクラウドでは、「WafCharm」に加えて、累計導入社数・累計導入サイト数国内第1位※2を誇る「クラウド型WAF 攻撃遮断くん」や190か国100万以上のAWSユーザーに向けて販売している「AWS WAF 向けマネージドルール」を展開しています。
 これらの実績を通して保有しているAWS WAFにおける防御範囲とWCUの消費バランスが最適になるルール作成方法や、誤検知が発生した際のチューニング方法の知見、そしてAWS WAFのアップデートによって、より自由に多くのルールを作成することができるようになったことから、「WafCharm」はnew AWS WAFにおいて防御性能が高く、ルール数の消費バランスが良い最適化されたルールの自動運用が可能になりました。
 あわせて、サポート対応範囲として、アクセス量が一定の閾値を超えた場合のレートベースルール、国を指定しての許可・ブロックが指定なルールも対応し、より柔軟なサービスの提供を実現しています。

 これにより、「WafCharm」ユーザーは、AWS環境下で、Webアプリケーションのセキュリティ対策から解放され、よりビジネスへ資源の集中が可能になります。

■AWS WAF自動運用サービス「WafCharm(ワフチャーム)」について
https://www.wafcharm.com/
「WafCharm」はAIによる「AWS WAF」のルール(シグネチャ)自動運用サービスです。機械学習を用いて最適なWAFルールを自動運用するAIエンジン「WRAO(ラオ)」(特許番号:特許第6375047号)を搭載しています。累計導入サイト数・導入社数国内No.1※2の実績を持つクラウド型WAF「攻撃遮断くん」で培った数千億件のビックデータを活用し、お客様毎に最適なルールをAWS WAFに自動で適用します。サイバー脅威情報監視チーム「Cyhorus」により最新の脅威にもいち早く対応します。また、国内有数のシグネチャカスタマイズのノウハウをもった、開発エンジニアによるサポート※3も合わせて提供しています。190か国100万以上のAWSユーザーに向けて販売しています。

■株式会社サイバーセキュリティクラウドについて
会社名:株式会社サイバーセキュリティクラウド
所在地:〒150-0011 東京都渋谷区東3-9-19 VORT恵比寿maxim3階
代表者:代表取締役社長 大野 暉
設立 :2010年8月
URL :https://www.cscloud.co.jp/
「世界中の人々が安心安全に使えるサイバー空間を創造する」という理念を掲げ、サイバーセキュリティクラウドでは、世界有数のサイバー脅威インテリジェンスとAI技術を活用した、Webアプリケーションのセキュリティサービスを全世界に向けてサブスクリプションで提供しています。また、クラウド市場世界シェア47.8%※4を持つAWSにおいて、世界で7社目となるAWS WAFマネージドルールセラーにも認定されております。
これからも私たちは、リーディングカンパニーとして、世界中の人々が安心安全に利用できるサイバー空間を創造するためのサービス開発を行い、情報革命の推進に貢献してまいります。
※ 記載されている会社名および商品名は、それぞれ各社の商標および登録商標です。
※ アマゾン ウェブ サービス、AWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※1 AWS WAFのアップデート詳細はこちらをご確認ください。https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/announcing-aws-managed-rules-for-aws-waf/
※2 出典:「クラウド型WAFサービス」に関する市場調査(2019年6月16日現在)<ESP総研 調べ>(2019年5月〜2019年6月 調査)
※3 一部プランのみ対象となります。
※4 出典:Gartner(July 2019)・・・Worldwide Iaas Public Cloud Services Market Share, 2017-2018(Millions of U.S. Dollars)