1.「Trend Micro Deep Security」などに認証回避の脆弱性

トレンドマイクロが提供する「Trend Micro Deep Security」「Virtual Patch for Endpoint」に認証回避など複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

詳しくはこちら:https://www.security-next.com/117990

2.三菱電機製品の「TCPプロトコルスタック」に脆弱性 - 制御システムなどに影響

三菱電機の製品で採用されているTCPプロトコルスタックに脆弱性が含まれていることが明らかとなった。制御システムなど、幅広い製品が影響を受ける。

詳しくはこちら:https://www.security-next.com/117994

3.Uberのデータ侵害と自身のデータを保護する方法

本記事には、Uberのデータ侵害に関する最新情報とあなたの情報の保護について詳しく解説しています。

詳しくはこちら:https://blogs.mcafee.jp/uber-data-breach-and-how-to-protect-your-info

4.ランサムウェアは新たなデータ侵害に:安全を維持するための5つのヒント

ランサムウェア攻撃によって大量のデータの侵害の可能性があるため、消費者もこれらの脅威へのアプローチ方法を検討し、データインシデントと同様の方法で対応することが重要です。幸いにも、データを保護するために消費者として実行できる実用的な手順があります。

詳しくはこちら:https://blogs.mcafee.jp/ransomware-data-breach-5-tips-to-stay-secure

5.ランサムウェアの進化-厄介で永続的な脅威の理解と対策

Forrester Researchによると、ランサムウェアのコストは115億ドルを超え、2019年には攻撃が500%増加しました。それはもはや永続的な脅威となっています。ランサムウェアは悪意のあるソフトウェアの一種で、コンピュータに感染し、身代金が支払われてロックを解除されるまで、コンピュータとそのデータへのユーザーのアクセスを制限します。

詳しくはこちら:https://blogs.mcafee.jp/understand-and-manage-pesky-persistent-threats