1.サイバーセキュリティーへの投資が今必要な理由

新型ウイルスにより多くの企業が業務をインターネット上に移す中、サイバーセキュリティー強化の重要性は増している。企業の87%は、優れたサイバーセキュリティー戦略により収益性を上げられると考えている。だが、そのコストが高過ぎれば、収益性の増加幅は微々たるものにしかならない可能性がある。構造と価格の両面で、それぞれの企業に合わせたソリューションが必要となるのだ。

詳しくはこちら:https://forbesjapan.com/articles/detail/35015

2.パンデミック収束後に、在宅勤務が定着しないであろう理由

在宅勤務の継続がかなり話題になっているとはいえ、新型コロナウイルス感染拡大防止のためのロックダウン(都市封鎖)が解除されたあとに、そうした勤務形態が定着することはないだろう。その理由は複数あるが、第一には、上司は現実的には、部下をあまり信頼しないだろうということがある。

詳しくはこちら:https://forbesjapan.com/articles/detail/34958

3.任天堂で不正ログイン、30万件に影響 - 不正取引は1%未満

「ニンテンンドーネットワークID(NNID)」において、4月上旬ごろより不正ログインが確認されている問題で、約30万件に影響が及ぶ可能性があることがわかった。

詳しくはこちら:http://www.security-next.com/115601

4.2020年 在宅勤務によりクラウドの利用はどう変化したか

本記事には、在宅勤務によりクラウドの利用はどう変化したかについて詳しく記載しております。

詳しくはこちら:https://blogs.mcafee.jp/working-from-home-in-2020-how-cloud-use-changed

5.インターネットを安全に使うために、ひとりひとりができること

本記事には、インターネットを安全に使うために、我々ができることについて詳しく記載しております。

詳しくはこちら:https://blogs.mcafee.jp/internet-safety-begins-with-all-of-us