【目次】

  1. 1.はじめに
  2. 2.設定について
  3. 3.おわりに

1.はじめに

2020/03/04 に複数メールアドレスが登録可能になりました!!

今まで検知メールが受信できるのは、各 Web ACL 毎に WafCharm に登録されたメールアドレスのみでしたが、その他のメールアドレスも通知先として登録可能になりました。

2.設定方法

事前に下記マニュアル記載の通知機能の設定を行ってください。
レポート機能/通知機能 利用マニュアル
http://docs.wafcharm.com/manual/reporting_and_notification.pdf

2-1.Web ACL Config をクリックします。

2-2.該当の Web ACL Nameをクリックします。

2-3.Notificationをクリックします。

2-4.Notification emailのEditをクリックします。

2-5.メールアドレスを入力し、updateをクリックします。

2-6.「Notification email was successfully updated.」と表示され、Notification email欄にメールアドレスが追加されたことを確認します。

3.おわりに

今まで検知メールは WafCharm に登録されたメールアドレスのみ受信可能な設定でしたが、今回 宛先設定が増えたことにより、複数の通知先メールアドレスにOwnerと同じ検知内容が通知可能となりました。
さらに Web ACL 単位で送付先を設定できるので、柔軟に運用形態に合わせてご利用いただけます。是非ご活用ください!!