BLOG

2019/10/10

【CloudFront とは?】初心者でもわかる簡単 AWS 用語解説

【目次】

1. 概要
2. AWSとは?
3. CloudFront とは?初心者にもわかりやすく解説
  a) CloudFrontのメリット
4. まとめ

 

  1. 1. 概要

    AWSが提供するサービスの中には、特定の環境のブラッシュアップを手伝い、より高品質へと変えてくれるものが多数あります。
    「CloudFront」もそのひとつで、事業に導入することでサービスを魅力的にすることが可能です。
    こちらではそんなCloudFrontに焦点を当て、システムとしての特徴やメリットをまとめていきます。
    AWSを使うのなら同時にCloudFrontをチェックして、自社のサービスに利用できないか確かめてみましょう。

     
     

  2. 2. AWSとは?

    そもそもAWSとは「Amazon Web Services」を略した言葉で、クラウド型のWebサービスを指す名称となっています。
    日本でも有名な通販サイト「Amazon.com」が管理するWebサービスであるAWSは、その豊富なコンピューターリソースを企業に必要なだけ提供し、各種事業における進行をサポートしているのです。
    ITインフラを整えることを考えている場合や、さまざまなWeb機能を同じサービスでまとめたいときには、AWSの利用が検討されるでしょう。

    AWSを使うことで、IoT、AI、セキュリティ、アプリケーション、ストレージなど、あらゆるIT分野における事業を効率化できます。
    これらのIT要素は広い業種で利用され始めていて、今後も事業に欠かせないものになっていくことが予想されるでしょう。
    そのため今からAWSを使えるように準備をして、将来的なインフラを整えていくこともおすすめです。
    スムーズな業務や社内のコンビネーション強化など、さまざまな面に良い影響を与えられるので、AWSの導入が現状の環境を変えるきっかけにもなるでしょう。

    AWSは従量課金制を採用しているため、普段ITに大きなリソースを求めない企業も柔軟な利用が可能です。
    必要なときに必要な量だけサービスを受けて、それに合わせた料金を支払うだけでOKとなるので、長期契約や退会の難しいライセンス契約も必要なく、好きなタイミングで利用を終了できます。
    利用予定のリソースボリュームを参考とした見積もりを事前に行える「簡易見積もりツール」もあるので、どの程度費用がかかるかわからない場合も安心して使い始められるでしょう。

     

  3. 3. CloudFront とは?初心者にもわかりやすく解説

    「Amazon CloudFront」とは、スピードと安全性の高さが魅力の「高速コンテンツ配信ネットワーク機能」です。
    データ、動画、アプリケーションなど、静的・動的なさまざまなWebコンテンツをスムーズに配信できるコンテンツデリバリネットワーク(CDN)であるため、多くのサービスを支えることができます。
    世界規模のデータセンターであるエッジロケーションのネットワークを通じてコンテンツの配信が行われ、ユーザーからのリクエストをルーティングする仕組みです。
    エッジロケーションは最低レベルのレイテンシーが確保されているので、配信に関する遅延は少ない状態となっています。
    多くのコンテンツをユーザーがストレスなく利用できるようになるため、CloudFrontを活用することでその魅力を最大限に引き出すことができるでしょう。

    多くの企業が既にCloudFrontを導入していて、その技術をサービスの充実に利用しています。
    下記のような大手動画配信サイトもその名を連ねていて、CloudFrontの導入事例として紹介されているのです。

    ・Amazon Prime Video
    Amazon Prime VideoはNFLのサーズデーナイトフットボールを世界200カ国以上でスムーズに配信するために、CloudFrontを利用しています。
    レイテンシーの少ないライブ映像を提供することができるため、ユーザーは最新の試合の様子を迫力のある状態で楽しむことができるのです。

    ・Hulu
    定額制動画配信サービスのHuluは、CloudFrontをはじめとしたAWSのインフラストラクチャでライブ映像を配信しています。
    安定性の高いCloudFrontを用いることで、急に視聴者が増えてトラフィック量が増大したとしてもスムーズにサービスを提供し続けることが可能です。

    その他にも国内の大手企業などでCloudFrontは利用されていて、コンテンツ配信における信頼できる配信基盤を提供しています。
    世界規模で活躍しているCloudFrontは、もちろんこれから事業を展開していく新規企業にとっても心強い存在です。
    コンテンツを配信するサービスに関わる場合には、CloudFrontの導入をおすすめします。

    CloudFrontの利用料金は使った分だけ支払う従量課金制ですが、無料利用枠として毎月50GBのデータ送信と200万件のHTTPおよびHTTPSのリクエストが1年間無料となっています。
    それ以外の場合はデータ転送やリクエスト数などを参照して、利用した量に応じて料金を支払う形になります。

     

    1. a) CloudFrontのメリット

      CloudFrontを利用することによって、Webでのサービスに対して以下のようなメリットを与えることができます。

      ・安全性の高いCDN
      ・海外からのアクセスにも安定したレイテンシーを提供
      ・コストの削減
      ・可用性を向上させる

       
      <安全性の高いCDN>

      CloudFrontはセキュリティ面においても申し分のないシステムを備えたCDNとなっているため、安全第一で利用することができます。
      SSL機能が自動で有効になる、独自SSL証明書の作成、コンテンツへのアクセス制限など、サービスにおいて有益なシステムを存分に利用可能です。
      他にもCloudFrontはAWSにおける各種機能と連携して、DDoS攻撃等複数のトラブルに対して階層化されたセキュリティで応戦します。
      コンテンツを安定した状態で提供し続けることができるので、導入には長期的なメリットが考えられるでしょう。

       
      <海外からのアクセスにも低レイテンシーを提供>

      CloudFrontは世界中にエッジサーバーを持つため、あらゆる場所からのアクセスにも柔軟に対応することができます。
      レイテンシーを抑えた状態でユーザーにコンテンツを提供できるので、レスポンス良くサービスを楽しませることが可能です。
      特に海外ユーザーをターゲットにするサービスなどは、CloudFrontの低いレイテンシーが魅力的となるでしょう。
      CloudFrontはサーバーからコンテンツをキャッシュできるので、サービスをより安定した形に整えることもできます。

       
      <コストの削減>

      CloudFrontは利用した分だけ料金を支払うことになるため、余計な費用をかける心配がありません。
      事業にかけるコストを削減することにつながり、利益追及の手助けとなるでしょう。
      CloudFrontには無料枠が設けられているので、とりあえずは初期費用を気にせずに、その魅力を試してみることができます。

       
      <可用性を向上させる>

      CloudFrontはDDoS対策やトラフィックの分散という点からサービスの可用性を向上させ、信頼されるシステムの構築に貢献してくれます。
      さまざまな障害やトラブルが起こるWebサービスにおいて、可用性の高さは利用の理由になるでしょう。
      CloudFrontはエッジロケーションにコンテンツをキャッシュして、必要なときだけ配信の元となるオリジンサーバーで利用することもできます。
      オリジンサーバーの負荷を低減させることで可用性を高めることもできるので、さらに使いやすいサービスを作ることができるでしょう。

     

  4. 4.まとめ

    CloudFrontは動画や画像を配信するWebサービスにおいて、心強いシステムとなります。
    各機能の特徴やメリットを理解して、ぜひ事業への導入を検討してみてください。

    CloudFrontを利用している企業は多いため、今後機能の拡張や進化にも期待ができます。
    Webメディアに欠かせない配信コンテンツへの利用を、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

 

※下記のブログもご覧ください。
【S3ってなに?】初心者でもわかる簡単 AWS 用語解説

【EC2ってなに?】初心者でもわかる簡単 AWS 用語解説

【マネージドルールとは?】初心者でもわかる簡単 AWS 用語解説