BLOG

2019/10/08

【AWSとは?】初心者にもわかりやすく解説

【目次】

1. 概要
2. AWSとは
  a) AWSの強み・メリットとは
  b) AWSの使い方
3. AWS WAFとは?初心者にもわかりやすく解説
  a) AWS WAFを使うメリット
4. まとめ

 

  1. 1. 概要

    インターネットを中心とした仕事が一般的となっている現在、多くの事業がクラウドサービスによって効率化や業務拡大を進めています。特に「クラウドコンピューティング」に属するサービスには多くのメリットと可能性があり、あらゆる事業者がチェックすべきシステムとして浸透しはじめているのです。

    今回はそんなクラウドコンピューティングの中でも有名なサービスである「AWS」にスポットを当てて、その魅力と初心者に向けての使い方を確認していきます。

    この機会にAWSを導入し、職場の業務を根本から変えるきっかけを見つけてみましょう。

     
     

  2. 2. AWSとは

    AWSとは「Amazon Web Services」の略称で、大手通販サイトとして世界的に知られている「Amazon.com」が提供するクラウドコンピューティングサービスです。

    元々は Amazon.com 社内におけるビジネスの問題を解決する目的で作られたITインフラストラクチャが発端で、2006年にその技術を応用して外部にウェブサービスとして展開することになった経緯があります。
    Amazon.com 社内で培われた実践的な技術とシステムは多くの会社にとっても利益となり、今では世界190ヶ国以上、月間100万以上のアクティブカスタマーを獲得するほどの規模を有したサービスとなっているのです。そのシェアは日本国内でも広がっていて、2018年にはNTTデータが全社でAWSの活用・推進を行うと発表しました。
    国内大手企業による導入は良いきっかけとなり、その後もAWSを利用する事業者の範囲は広がりつつあります。その他にも東芝、電通、花王、ネスレ、JINS、KDDI、ディー・エヌ・エーなどの名の知れた大手企業がAWSを導入し、事業の拡大やコスト削減に利用しているのです。

    既にAWSは海外だけでなく、国内でも当たり前のサービスとして認知されていると判断できるでしょう。

    大学への導入も成功事例として多数報告されていることもあり、利用先の多様性にも注目が集まっています。
    Webサービスはもちろん、自社の事業に各種システムを導入しているあらゆる会社にとって、今後もAWSは導入を検討すべき対象となっていくでしょう。

    参考:https://aws.amazon.com/jp/solutions/case-studies/all/

     

    1. a) AWSの強み・メリットとは

      AWSは自身の提示できる「強み」として、以下の5点を挙げています。

      ・ISO 27001、SOC、PCI DSSなどを含んだセキュリティ標準への対応

      ・3,000以上の新サービスと機能改善を行った実績

      ・ユーザーに向けた継続的な利益の還元

      ・耐障害性と高可用性の実現

      ・システム構築について気軽に相談できるユーザー基盤

       

      こういった強みに加えて、

      「導入のしやすさ」、

      「需要に合わせての縮小と拡大が可能なリソース利用」、

      「使った分だけ請求される従量課金制」

      といった特徴があるため、AWSを使うことで現在の職場環境にさまざまな変化を与えられるでしょう。

       

      上記のような強みと合わせて、AWSのクラウドコンピューティングは仮想サーバー(データベース、ストレージ、アプリケーションなど)を提供することによって、以下のような具体的なメリットを提示できるとしています。

      ・業務全般に関わる速度の改善

      ・固定コストの低減

      ・インフラのキャパシティ容量を予測する手間の削減

      ・シンプルな操作による効率化とストレスの低減

       

      これらのメリットは多くの職場で役立ちますが、主に「ウェブサイトの構築」「バックアップ作成」「ビッグデータ解析」「IoT関連」「ビジネスアプリケーション開発」「ウェブ・モバイルアプリケーション開発」などが代表的な活用事例として挙げられるでしょう。

      しかし、今やAWSのようなクラウドコンピューティングの活用は、Web関係の業界だけに留まらず、さまざまな事業に広がっています。

      メリットの中でひとつでも気になるものがあるのなら、AWSの導入が最適解となるかもしれません。

    2.  

    3. b) AWSの使い方

      AWSは Amazon.com が提供する公式サイトより登録を行うことで、簡単に使い始めることができます。

      サービスには無料利用枠が設けられているため、まずはその使い心地を実際に確かめてみることも可能です。
      無料枠はサービスごとに期限が設定されていますが、その多くが「12ヶ月無料」や「無期限無料」など、有効範囲が広いものとなっています。
      自社のシステムや職場環境に合うかじっくりと確かめることが可能なので、慎重な導入を検討したい場合にもおすすめです。

      AWSには様々な利用形態のサービスが用意されていて、それぞれの特徴や使い方を把握することでよりサービスの恩恵を受けることが可能となります。
      利用形態は「Infrastructure as a Service (IaaS)」、「Platform as a Service (PaaS)」、「SaaS (Software as a Service)」などを指します。

      一見すると複雑に感じられますが、AWSは導入に関する疑問に答えてくれるチャット機能や、ブログによる情報発信、さまざまな事例の紹介などを行い、ぴったりの環境を見つけ出すサポートをしているため、誰でも導入を実践することができます。

      その他にもわからないことがあればスムーズに聞ける環境が整っているため、AWSの導入は想像される以上に簡易的なものとなるでしょう。

     

  3. 3. AWS WAFとは?初心者にもわかりやすく解説

    AWSの中でも特に注目を集めているシステムが、「AWS WAF」です。
    セキュリティにおける重要問題が度々発生する昨今のビジネス業界では、AWS WAFのような高度なシステムが必要不可欠となっています。
    AWSにはさまざまなサービスがありますが、特にAWS WAFはチェックして、そのメリットを事業に活かしていくことが勧められるでしょう。

    AWS WAFとはAWSが提供している「Web アプリケーションファイアウォール」の略称で、Web アプリケーションにおけるセキュリティを担うプログラムです。
    悪意のあるアクセスを監視してブロックする機能は、多くの機密を抱える企業にとって安心と利便性をもたらすものになるでしょう。
    アプリケーションレベルでの通信解析が可能なので、条件を絞り込んだ特定のマッチングに対しても効果を発揮します。

    例えばAWS WAFの機能として、「SQLインジェクション対策」「クロスサイトスクリプティング対策」「DDoS対策(AWS Shield併用)」「不正なボットによるアクセス対策」などに利用可能です。

    つまり、最近問題となりがちなWebアプリケーションのセキュリティ面をしっかりと保護してくれるツールが、AWS WAFとなっています。

    高いセキュリティを求めるのであれば、活用事例も多いAWS WAFの検討をおすすめします。

     

    1. a) AWS WAFを使うメリット

      AWS WAFを利用することで、ユーザーは具体的に以下のようなメリットを得られます。

      ・ネットに介在する多くの脅威からの保護

      ・Amazon CloudFront 上で展開することで、CDN(コンテンツ配信ネットワーク)の高い可用性と拡張性を兼ね備えた WAF のソリューションが実現可能

      ・スムーズな導入とメンテナンスの簡易性

      ・APIを利用したセキュリティシステムの自動化

      これらのメリットによってセキュリティにかけていたコストや時間を削減し、より安全性の高い環境が構築可能です。

      AWSの利用を検討するとともに、AWS WAFの導入を計画していくことも、事業を効率化する際には重要となるでしょう。

     

  4. 4.まとめ

    Amazon.com はAWSによって、多くの企業の業務を次のステージに押し上げています。
    そのメリットは今後もさまざまな業界で活かされるため、この機会に本格的な導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    クラウドコンピューティングに関する具体的な知識がなくても、AWSは適切なサポートによって導入を後押ししてくれます。
    初心者であっても実際の導入と、そこから得られるメリットはすぐ体験することができるので、積極的に事業への利用を進めてみましょう。

 

※AWS WAFについてもっと詳しく知りたい方は、下記のブログをご覧ください。
【AWS WAF とは?】初心者にもわかりやすく解説