BLOG

2018/11/11

WafCharm月次レポート機能の紹介

【概要】
今回はWafCharmの機能のひとつ、月次レポート機能を紹介します。月次レポートは月毎に可視化しており、登録されているWeb ACLに対して、どこから / どのくらい / どのような種類の攻撃が来ているかがわかりやすくなっています。
レスポンシブ対応もしていますので、スマホからでも月次レポートの確認ができます。

【ご利用頂くために】
月次レポート機能をご利用頂くためには以下の設定が必要です。

1. Kinesis Firehose を使用して、AWS WAFのログをS3に出力する
2. Lambdaを使用して、1.で出力したログをWafCharmに転送する

上記の設定方法はWafCharmご登録後、”HELP” ページにて確認できます。


————————————————-ページ下部————————————————-

【月次レポート (PCの場合)】
Grand Total は WafCharmに登録し、月次レポート機能を有効にした全Web ACLの検知状況を合算した月次レポートです。

また、Web ACLごとの月次レポートも確認できます。
閲覧するWeb ACL名(例 : Web ACL Sample A)をクリックするか、下にスクロールします。

過去の月次レポートも確認することができます。

【月次レポート (スマートフォンの場合)】
スマートフォンで見た場合は以下のような見た目になります。
例) Grand Total

【Attack Typeの分類】
Attack Typeは、以下のように分類して表示しています。※ 2018年10月30日時点

【まとめ】
今回はWafCharmの月次レポート機能を紹介しました。
どこから / どのくらい / どのような攻撃が来ているかを簡単に確認することができますので是非WafCharmにご登録いただき、お試しいただければと思います。